レディー

宅建を諦めない|通信講座で一発逆転しよう

健康と衛生面の管理者

ウーマン

衛生管理者は国家資格であり、50人以上オフィスに就業していれば、必ず一人以上の衛生管理者が必要と法律で義務付けられています。職場の快適な環境作りや従業者の健康管理といったことをサポートをする職場環境の守り手としての仕事で活躍しています。

More...

進学するか試験合格するか

男女

保育士資格を取得するためには、2つの手段があります。1つ目は、保育系大学や短大、専門学校等を卒業し、取得する方法です。2つ目は、年に2回行なわれる保育士試験に合格することで、資格を取得する方法があります。

More...

活躍の場が広がる見通し

女性

憧れの幼稚園教諭を目指すなら、養成課程のある大学や短大を修了することが必要です。認定こども園の登場などにより、幼稚園教諭の活躍の場は広がってきており、人気も高くなってきています。短大でとれる第二種免許よりも、大学でとれる第一種免許の方が待遇がよいことが多くなっています。

More...

誰でも取得できる実践資格

教材

不動産売買に必要な資格

日本には様々な資格がありますが、資格を取得するためにはさまざまなハードルを乗り越える必要があります。特に技術系などは受験資格を得るために長い時間が必要になります。一方で学歴不問で取得が可能な国家資格で、もっとも実践で役に立ち、かつ必要とされるものが宅建です。宅建は宅地建物取引士の略で、土地や建物住居の取引に必要な知識を有することを示す資格です。一般的な不動産業ではこの宅建の資格がある人を事業所に最低1名、また大きな事業所では5名に1名の割合で配置することが求められています。このため需要の高い資格といえ、就職や転職に有利になりますし、またすでにその分野で働いている場合には資格手当てを得られるといったメリットがあります。

取得する方法

宅建の資格を目指す場合には一般人とすでに宅建業専従者の2つがあります。試験は基本50問で50満点中35点前後が合格点ですが、合格点は毎年変わります。また受験者数は20万人から25万人といわれ、3万人が合格ということですので、合格率は15%前後というものになります。なお、宅建業専従者の場合には登録講習を受講すれば5問免除されるので合格する確率は高いといえます。宅建に関して学ぶ方法としては、学校に通うほか通信講座を受ける方法があります。参考書を購入して独学で受験することも可能ですが、多くの場合には通信講座を受講するのが一般的です。通信講座の場合には費用は10万円前後です。また通信講座といってもテキストだけのところもあればインターネットを使ったものなど提供するところによってその内容も変わってきます。